スポンサーリンク
16
△ABCの各頂点を移動する動点Pについて考える.動点Pは,1個のさいころを投げたとき,5の目が出れば時計回りに,6の目が出れば反時計回りにそれぞれ隣の頂点に移り,1,2,3,4の目が出れば移動しないものとする.さいころをn回(nは0以上の整数)投げたあと,動点Pが頂点A上にある確率をp_nとする.\lim_{n→∞}6p_nの値を求めよ.ただし,動点Pは,最初には,頂点A上に存在するものとする.
16
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。

詳細情報

大学(出題年) 自治医科大学(2017)
文理 理系
大問 16
単元 ()
タグ
難易度 未設定

この問題をチェックした人はこんな問題もチェックしています


この単元の伝説の良問