スポンサーリンク
5
いくつかの玉が入った箱Aと箱Bがあるとき,次の試行Tを考える.\begin{eqnarray} (試行T) && 箱Aから2個の玉を取り出して箱Bに入れ,その後, \nonumber\\&& 箱Bから2個の玉を取り出して箱Aに入れる. \nonumber\end{eqnarray}最初に箱Aに黒玉が3個,箱Bに白玉が2個入っているとき,以下の問いに答えよ.(1)試行Tを1回行ったときに,箱Aに黒玉がn個入っている確率p_n(n=1,2,3)を求めて既約分数で表せ.(2)試行Tを2回行ったときに,箱Aに黒玉がn個入っている確率q_n(n=1,2,3)を求めて既約分数で表せ.(3)試行Tを3回行ったときに,箱Aの中がすべて黒玉になっている確率を求めて既約分数で表せ.
5
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

類題(関連度順)

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。