九州大学
2015年 理系 第1問

スポンサーリンク
1
C_1,C_2をそれぞれ次式で与えられる放物線の一部分とする.C_1:y=-x^2+2x,0≦x≦2C_2:y=-x^2-2x,-2≦x≦0また,aを実数とし,直線y=a(x+4)をℓとする.(1)直線ℓとC_1が異なる2つの共有点をもつためのaの値の範囲を求めよ.以下,aが(1)の条件を満たすとする.このとき,ℓとC_1で囲まれた領域の面積をS_1,x軸とC_2で囲まれた領域でℓの下側にある部分の面積をS_2とする.(2)S_1をaを用いて表せ.(3)S_1=S_2を満たす実数aが0<a<1/5の範囲に存在することを示せ.
1
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

コメント(1件)
2015-08-26 03:50:04

解答解説よろしくお願いします


書き込むにはログインが必要です。