大阪府立大学
2011年 理系 第1問

スポンサーリンク
1
rを正の定数とし,nを3以上の自然数とする.Cが半径がrの円とする.円Cに内接する正n角形の1辺の長さをs_n,円Cに外接する正n角形の1辺の長さをt_nとする.ただし,正n角形が円Cに外接するとは,円Cが正n角形のすべての辺に接することである.(1)s_nをrとnを用いて表せ.(2)\frac{s_n}{t_n}をnを用いて表せ.(3)s_5=2であるとき,円Cに内接する正5角形の面積を,小数第3位を四捨五入して小数第2位まで求めよ.ただし,tan36°=0.727としてよい.
1
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。