スポンサーリンク
3
辺の長さがAB=1,BC=k(0<k<1)の長方形ABCDを考える.辺CDの中点をMとし,線分AMで三角形ADMを折り返したとき頂点Dが重なる点をEとする.ただし,点Eは長方形の外にはみ出る場合もある.このとき下記の設問に答えよ.(1)∠AMD=αとするとき,sinαおよびcosαをそれぞれkを用いて表せ.(2)点Eを通り,辺CDに垂直な直線と辺CDの交点をFとする.このとき辺CFの長さをkを用いて表せ.(3)点Eを通り,辺AMに垂直な直線と辺AMの交点をGとする.三角形BCEの面積が三角形AEGの面積のちょうど2倍になるときのkの値を求めよ.
3
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

類題(関連度順)

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。