スポンサーリンク
3
数直線上を動く点Pがある.裏表の出る確率が等しい硬貨を2枚投げて,2枚とも表が出たらPは正の向きに1だけ移動し,2枚とも裏が出たらPは負の方向に1だけ移動し,それ以外のときはその位置にとどまるものとする.Pが原点Oを出発点として,このような試行をn回繰り返して到着した位置をS_nとする.以下の問いに答えよ.(1)S_2=-1となる確率を求めよ.(2)S_3=1となる確率を求めよ.(3)試行をn回繰り返して出た表の総数をiとするとき,S_nを求めよ.(4)kを整数とするとき,S_n=kとなる確率を求めよ.
3
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。