東京経済大学
2016年 全学部 第3問

スポンサーリンク
3
点A(-1,-3)から円x^2+y^2=5に接線を引くと,接点の座標は(-[セ],-[ソ])と([タ],-[チ])である.また,2本の接線と円で囲まれた部分(ただし,円の内部を含まない)の面積は,[ツ]-\frac{[テ]}{[ト]}πである.
3
現在、HTML版は開発中です。
問題PDF つぶやく 印刷 印刷
試験前で混乱するので解答のご要望は締め切りました。なお、現時点で解答がついていない問題は解答は来年度以降になります。すべてのご要望に答えられずご迷惑をおかけします。

コメント(0件)

現在この問題に関するコメントはありません。


書き込むにはログインが必要です。

詳細情報

大学(出題年) 東京経済大学(2016)
文理 文系
大問 3
単元 ()
タグ
難易度 未設定

この問題をチェックした人はこんな問題もチェックしています


この単元の伝説の良問